自動車税は納税しましたか?

毎年、ゴールデンウィーク中、楽しい時間を過ごしている間に
ふと、あ、、自動車税。
と思い出してがっかりするのは私だけで落ち込む男性しょうか。

本当にこの出費、、痛いですよね。
車って、税金だらけですものね。
・自動車所得税
・消費税
・自動車重量税
・自動車税
・・・とこんな感じでしょうか。

ちなみに、ガソリン。これも税金だらけなんですね~
「燃料税」だっけな~ちょっと曖昧ですが、
燃料税の中に含まれる税金が、
地方道路税とや揮発税・・・ディーゼル車は軽油引取税などなど。
ま~~本当に車って税金だらけですね。
で。

自動車税って分納ができます。
なので、一度に支払いが厳しい!と思う方は分納してしまいましょう♪

基本的に自動車税の納付書は全納の用紙しか送られてこないので、
分納を希望する場合は管轄の税事務所に連絡します。
後日、分納用の用紙が送られてくるのでそちらで納付しましょう。

別に、きちんと納期さえ守っていれば分納だって悪いことではないですし、
一度に数万円高ければ6万、7万・・・と払わないといけないのは
家計にとって大きな出費ですよね。

夏のボーナスまで分納して、夏のボーナスがでたら全額!
なんて方法も分納ならできるので、連絡してみると良いですね。

ここで!気をつけたいのが。

東京タワー自動車税は車検証上の住所で管轄が決まっているので、
例えば、新潟から東京に引越した方で車検証上の住所を変更していない
場合は、新潟の管轄になるので新潟県の税事務所に分納の用紙を
もらわないといけません!
東京の税事務所に連絡しても、ダメなんですね。

で、この時、新潟県の税事務所の方に引越したことを伝えて
置くと良いですね。来年度の納付書を今の東京の住所に
送ってもらうことができます。

本来であれば、車検証上の住所を変更する手続きをするべきですが、
単身赴任や東京には2年しかいないなど、短期であれば
税事務所に連絡しておけば問題無いですね。
完璧な引越しであれば、住所変更の手続きをおすすめします☆

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ