金魚と猫実は数ヶ月前、我が家にかわいい、かわいい第三子がっ!!はい。
出身はホームセンター。えぇ。そうです。ペットのニンギョちゃん。(←娘が付けた名前です)金魚なんですがw

子供たちが飼ってみたいということで、我が家にお嫁に来てもらいました!!
1匹だけなんですが。すぐに面倒見なくなっちゃうかなと思っていたのですが、意外と餌やりに掃除などなど自分たちから進んでやるのでびっくり。

家族が増えてちょっと楽しい毎日です。

はい。

さて車の話をしましょう。

つい、この間、ちょっと悲しいニュースがありました。キャンプ場での事故です。中洲でキャンプしていて川の水量が増えてきたので車で避難した結果、川の流れに押されて車が横転3人の人が亡くなりました。

数年前にも同じような事故があったのですが、記憶にある方もいると思います。1999年8月「玄倉川水難事故」同じようにキャンプを楽しんでいた人達が再三の避難勧告を無視した結果13名の方が亡くなりました。

そして3.11もそうです。車なんてあっという間に水にのまれてしまう映像を多くの方が見ているはずです。
また、このところの急な大雨により車が水に浸かって動かなくなってしまってる映像を見ることもあると思います。

このことからもわかるように、車って水に弱い乗り物なんですね。
普通の雨や水たまり、洗車など生活に支障のない程度の水は問題ないのですが、基本的に水害には弱いものだと思ってください。

また水に浸かったら簡単に沈んでいきます。軽い軽自動車でも車重は730kgはありますし、重たいものでは1000kg位です。4DWで代表的なランドクルーザーでは2500kgです。こんなにも重たいのなどんどん沈んでいって当たり前です。

車はどんどん性能の良い物になっていって、まるでどこでも走れるかのようなCMやカタログの写真なので勘違いしてしまう方もいると思います。特に4WD系の車はそう思ってしまいますよね。

kyanpでも、基本的には公道を走るものとして作られていることを忘れないようにしてください。戦車や重機とは違います。
車だから大丈夫。なんてことはないのです。

 

車を上手に利用して、たのしくキャンプや旅行に出かけてほしいものです。そして、なにかおかしいと思ったら早めに対処すること。素敵なカーライフを送ってください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ