車の査定って誰でもできます。
価格も誰でも決められます。

だから個人売買が成り立つのですから。ビジネスマン 指差し
車の売買を個人で行ったって誰も逮捕されませんね。
でもでも、、安心して適正価格でちゃんと車を見てもらいたい。
そんな願いが叶うのが「査定士」の資格を持った人に
車を見てもらうことなんですね。

査定士の資格ってあるんですね。
「JAAI」一般財団法人 日本自動車査定協会で出している
資格で、学科試験と査定士技能検定試験に合格すると
査定士の資格がもらえます。

このような資格を持った人に車を見てもらい適正な価格で
買い取ってもらえたら安心ですし、手続きもスムーズに
できそうですよね。
査定士はどのお店にもいるとは限りませんから、
車を見てもらう前に確認しておくのも良いですね。
またお店によっては「査定業務実施店プレート」を
お店の一角につけている場合もありますし、
社員証と一緒に「中古自動車査定士証」を首から下げている場合もあります。
確認してみるのも良いですね。

参考サイト
>>>http://www.jaai.or.jp/fukyu.html

中古車買取り店の査定士は・・・

実際、私がいた中古車買取専門店でも「査定士」の資格を
持っている人間は少なく、店舗に一人もいないということもありました。

会社の査定研修なんて言うのはちゃんとあってそこでは
査定士の資格を持った人が色々と教えてくれたのですが。
新人の頃に1回、研修があったきり・・・
なんてことも多々ありました・・・

商談 打ち合せそれに、、
これを言ったらきりが無いのですが。
「査定士」も人間ですし、生きていかなきゃ~いけないんです。
なので査定士の資格を持ってどこかのお店に勤務している方が
ほとんどですね。
そうすると、お店の儲けを出すために。
少しでも給料がもらえるために。

相場はわかっていても、自分の儲けを出そうとするのが商売です。
「査定士」の資格があるから必ずしも大丈夫!!
ということはないということも頭の隅の方に、置いておくと
不利な条件で愛車を手放すことがないのでは・・・と思います。
もちろん、この限りではないのですがね。

素敵な査定士さんに出会って、気持よく売買ができると一番よいかもしれません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ