自動車税と買取。お金

もうすぐ4月。
そこで気になる税金のお話☆しましょうか~♪

自動車税は4月1日に車検証に記載されている使用者が支払う義務のある税金です。

しかし!!
4月2日に車を手放した。
3月31日に手放した。
などなど、、、
自動車税を払うのが持った得ないタイミングがあります。

この時、よくよく買い取りしてもらうお店の人と打ち合わせをして
書面に残してもらうのが良いです。
とある、中古車買取店では自動車税は弊社が責任をもって支払います!
なんていう約束の書かれた書面を出すことも。

それくらい大事なことですから
わからなかった、理解できなかった・・・そんな時は何度でも担当者にききましょう!

何度も書きますが、
自動車税は4月1日に車検証に記載されている使用者が支払う義務のある税金です。

つまりですね。
3月1日に車を手放したとしましょう。
書類や車も全部引き渡した状態で、新しい車も納車された!!

この時、車を買い取った業者は名義変更の手続をしますが、
書類の使用期限が基本的に3ヶ月あります。
(印鑑証明や住民票の使用期限が一般的に発行から3ヶ月という意味です)
また、オートオークションでは書類の使用期限が1ヶ月以上のものでないといけません。

車の名義変更には印紙代など多くの手数料がかかるので
一般的に、お客様の名義のままでオートオークションに出品されます。
(例外もありますがこのへんはあとで説明します)

オートオークションで出品して、すぐに落札され
すぐに名義変更がされた場合は早ければ3月中に名義変更がされれば
車検証上の使用者は自分ではなくなります。

しかし、
落札されてから名義変更がされなかった場合、
なかなかオートオークションで落札されなかった場合は
4月1日まで自分の名義である可能性が高いです。

オートオークションの決まりで出品する車の書類期限は1ヶ月以上。
また落札した車の名義変更は1ヶ月以内と決まりがありますが、
タイミングが悪いと4月2日に名義変更されてしまう可能性もある!と言うわけです。

そしたら、、どうでしょう。
自分の名義である以上、持ってもいない車の自動車税を支払わないといけません。
しかも、新しい車も購入していれば2台分・・・
泣けてきますね・・・

 

だからこそ!税金の話は大切です。

あとからトラブルにならないように気をつけておきましょう。

書面や売買契約書などに書いてもらって税金を支払うのは誰なのかを明確にしておきましょう。
また、買取店に支払って貰う場合は必ず領収書のコピーを郵送などで
送ってもらえるように約束しておくと良いです。
自分で支払う際には、買取金額に税金を上乗せしてもらうと良いですね。

あくまでも買取金額と税金は別の話!!
車の相場金額は車の相場でしかありませんもの!
しっかりともらっておきましょう♪

税務署ただし、自分で支払う場合は支払ったあとに領収書を送ってほしいと言われる可能性が高いです。
これは名義変更に必要な書類になりますから、必ず郵送または手渡ししてください。

気をつける点として、中古車買取店で税金を支払うという約束をしたのであれば
届いた納付書で支払わないようにしてください。
支払う約束をしたのに督促などが届く場合は必ず、担当者に連絡しましょう。
また、名義変更が3月下旬ぐらいになってしまうとすでに自動車税の納付書の発送準備
が完了してしまっている場合もありますが、これは届いても支払わないようにして
気になるようであれば管轄の自動車税事務所に聞いてみると良いです。

 

例外もあります。

手放す車の車検が1ヶ月ぐらいしか残っていないとき
これは一時抹消登録という手続きをしてオートオークションに出品されます。
一時抹消登録をすることによって税金がかからなくなります。
しかし、公道を走ることができなります。

もし、手放す車が抹消手続きですといわれたら
手続きが完了したときにそこ抹消登録証明書のコピーを1枚もらっておきましょう。
万が一、自動車税の納付書が送られてきた時に
抹消登録された日にちが3月31日までなら支払う義務がないことがわかります。

また、自動車の所有者が死亡している場合
遺産分割協議書などの小難しい書類が多く必要になってきます。
この場合、オートオークションにそのまま出品はせずにたいていの場合
買取店の名義に変更されてからのオートオークション出品になります。
なので3月31日までに買取店の名義になった車検証のコピーをもらえれば
支払う義務はないというのがわかりますね。

 

まとめると。

こんなかんじで長々と話しましたが、専門的に言うとたりなこともあります。
おおまかに説明したので頭の端っこに知識として持っておいてもらえれば
嬉しく思いますが・・・・

自動車税は本当に奥が深~~くて、
買取店に勤めていた時にもたくさんのクレームやトラブルがおきたと思います。
気持よく手放すためにも正しい知識と担当者との打ち合わせをよくよくしてもらいたいものです。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ