今回のお話は「最悪の修復歴車とは。」
とちょっとアバウトな話なのですが、
以前紹介したと思うのですが、「事故車の定義って。」も
参考にしつつ、、読んでもらえると嬉しいです。

事故車(修復歴車)は基本的に査定に響くことが多いです。
その中でも一番査定金額が下がる場所があります。

それが、ルーフ(屋根)なんですね。

その他、トランクフロアの多少の歪みや修正、クロスメンバー、屋根
ラジエーターコアサポートなんかは修復歴車でも
比較的マシな方なんですね。

もちろん、普通の状態では無いですから、それなりの査定額ですが。

で、なんでルーフの修復歴車が嫌われるかというと。
「この車は屋根を事故で交換している車なので安いですよ」
と言われた場合。

何を想像しますか?
たいていの場合車が逆さまになって屋根が地面に付いている状態になる
事故を想像しますね。
でも、ルーフに雪や落下物が落ちてきてしまった場合も「事故」です。

どちらの事故にせよ、ルーフ交換や鈑金をしますね。
修理をしてしまえば理由はどうあれ、修復歴車なんですね。

で、先程も説明したとおり、
「車が逆さまになるような事故」を一般ユーザーが想像するので
嫌われるというわけです。
車が逆さまになるような事故なら、中の人の生死は微妙ですものね。
また、業界側からするとそんなユーザーさんの声も聞こえるのも
1つなのですが、ルーフ交換や鈑金している車って不具合がおきやすいのですね。

泣くサラリーマンここからマニアックな感じになってきますが、
ルーフ交換や鈑金(鈑金の具合や交換する整備士の腕にもよりますが)
車がゆがみやすいのですね。

なぜ、歪むのかというと、

車の構造が一般的にルーフで支えているというか力がかかっている
場所なのでそこに手を加えてしまうとだんだん歪んだりして
扉が閉まらなくなって・・・
まっすぐに走らなくなって・・・という訳です。

なので、残念なことに、どんな理由でもルーフの修復歴があるのは嫌われてしまうということです。

プロの目というか整備士さんなどに言わせれば、
ルーフパネルだけを切断しないで板金塗装のみなら構造も触っていないので
おおきな問題はないそうですが。

結局のところ、ルーフ交換や鈑金って素人から見た
風評被害というか、そういうのが大きいのかもしれませんね。
でも、個人的にはルーフに修復歴のある車は好きではないかな・・・

って!!そう思う人が多ければ多いほど、
査定金額は低いので覚悟して査定してもらうことと、
なるべくたくさんの業者に見積もりを出してもらうと、
思ったより高く買ってくれる業者さんいめぐり逢えるかもしれません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ