車の相場ってある程度固定されていますね。金の豚の貯金箱例えば、15年以上前の普通の古いセダン車が300万円だったら買いますか?
よほど、プレミアが付いているか、スーパーカーなどの類か、
その車種が気に入っているかでなければ、買わないですよね。買取業者もそうですね。

きっと、査定価格は1万円から10万円ぐらいでしょう。 

15年以上前の車に査定金額を300万以上だせっていうのが無理な話です。
でも、綺麗に乗っていて、手入れもしているのであれば
査定価格が1万円から10万円のところ12万円になるかもしれません。
もしかしたら15万円かも知れませんね。
はい。
ここでわかるかもしれませんが、
車の相場ってある程度もう決まっちゃっているのですね。

相場の範囲内のいちばんうえを狙うことしかできないのが現実です。

しかも、年式、車種、グレード、走行距離、色で大抵の場合決まってきてしまうんですね。
年式、車種、グレードは紛れもない事実ですし、グレードも
よくエンブレムを交換してよいグレードのものにしている方もいますが、車検証を見れば
エンブレムだけ交換しているのも分かります。

がっかりする男性走行距離もごまかしがききません。
メーター戻しなんて、そんな言葉を聞いたことがあると思いますが、
メーター戻しは犯罪ですから!!!
絶対にしてはいけないことです。

色・・・これは奥が深いので今度ゆっくり話す機会を・・・と思っているのですが、
相場が上がる色が白、黒ですね。
車種によっては青や赤が人気だったりするのでなんとも言えませんが、
基本的に白・黒が買取価格が上がる色です。
で、これ色は全塗装やオールペンと言って、赤い車を黒に塗ることもできます。
塗装屋さんに依頼すればできます。

費用は大体20万ぐらいからです。
色を黒にして査定額が上がる車もあるんですね。
全塗装でもいいから黒がいいって方も中にはいるんです。
と、、ちょっと話が長くなりそうですね。次回にしましょうか。
そんな感じである程度、「紛れも無い事実」で車の相場が決まってしまっているんです。
だから、私達、お客側ができる査定額UPの方法って
言ってしまえば数万円の中なんですよ。

もちろん、悪党業者にいいように言われて何十万円も損・・・
そういうのを避ける為に一括査定でより多くの査定額を見て判断することや
何社か見積もりを出してもらう。
これは大前提ですが、あとは、、数万円の中であがくぐらいしかできないんです。

それでも、車の状態が良ければ査定額は5万円からそれ以上
上がることだってあるんです。
それは、車に乗っている自分自身ができる努力ですし車を大事にするという
気持ちの問題でもあるかもしれませんね。

と、、、今日は強めの文章になってしまいましたが、
あくまでも私の見解の1つなので・・・

スーパーカーやカスタム車などはまた違ってくることもあるので。。

「高価買取」の方法の1つの意見として頭の片隅に、置いてもらえると嬉しいです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ