久しぶりに掃除の話でも☆

家庭でできる簡単洗車 パート2です。
本当に何度もシツコイぐらい書きますが、洗車は大事です。
で、毎回洗車なんてしている暇ないし、
洗車って、本当に体力を使いますよね。

だから、日々のお手入れが大切になってきます。
日々のお手入れもポイントを掴んでおくと本当に
後が楽なので、ちょっとの時間を利用してお手入れしておきましょう☆

 

今日は・・・ボディの掃除。

車のボディって洗うとなると大掛かりなことを思い浮かべますね。
でも、まめにやっておくことと、洗車のタイミングさえ
掴んでしまえば簡単なんですね!!
まず、前提として半年に1回ぐらいはワックスをかけておくこと。
これが前提です。
きちんとワックスをかけてあれば、しょっちゅう洗車なんかしなくても
平気なんですよ~^^

で、洗車の時期なのですが、住んでいる場所や駐車場の環境等にも
よりますが、とにかく汚れたら落とす。
基本形です。

汚れの種類ですが、基本的に泥汚れは簡単に落ちますし、
ドロのせいで塗装が禿げる・・色が抜ける・・なんてことは
あまりないと考えて大丈夫です。
(ドロの種類にもよりますが・・・)

怖いのは雪道を走った時にかかる水。
地下水を直接道に撒き散らしているので酸が強かったりすると
サビの原因になりますし、凍結防止剤などでも錆びたりしてしまいます。
また海に行ったあとや海の近くに住んでいる方は
潮風にやられますから、気をつけたほうが良いですね。

そしてそして・・・「鳥の糞」これ!!すずめ
強者ですね~鳥の糞は酸性成分が含まれているので
やられたらすぐに取り除くようにしましょう。
虫の死骸もそうですね。
早めに取るといいです。放置すると塗装面に体液が浸透してしまいます。
そうすると変色したりしてしまうので注意です。

で、本当にざっと汚れを落としておくだけで時短をしたいのであれば、
コイン洗車の自分でノズルを持って水圧で汚れを落とすタイプの
ものが一番良いと思います。
200円~水のみで流すだけなら簡単にできますし、水圧も強いので
ある程度汚れも落ちます。
(消雪や潮風の場合は車の下回りにもよく水をかけて
酸を洗い流しましょう!!)

もちろん、雪国に住んでいる方は、雪なんかいっぱいあるし
そのたびに水なんかかけてられないですよね。
でも、そんなときは洗車機に入っても良いですし、
1~2ヶ月に1回ぐらい・・・できたらでいいと思います。

これだけで、ぜんぜん違うんです。

ホース多少時間やお金を避けるのであればシャンプーなどをして、
スポンジで擦ったほうが良いのですが、面倒だし、そこまで・・
という場合は水だけでざっくりと汚れを落としておくのが良いです!

家庭の水道から洗車ができても水圧が洗車場とは違うので
オススメは洗車場ですね。
温水がでる場所が近くにあるのであれば温水のほうが水の粘着度
が違うので落ちやすいですよ!

 

水かけたら拭かなきゃ・・・なんて思っていませんか?
我が家は水だけ洗車ならそのまま放置です。
だって、雨に濡れたって拭かないでしょう。
ざっくり汚れを落としたいだけならそれでいいんです。
とにかく、汚れや酸を落としておくだけで全然、違うので
まめに水をおもいっきりかけてあげてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ