こんにちは~☆

治った風邪をもう一度呼び戻す能力を付けたワタクシです。ふっ!どうやら強くなりすぎたようだな!!!

洗車の話をします。

ボディの洗車には泡で洗うことが大切です。

泡洗顔
ということで。泡についてです。

洗車の基本としては汚れを優しく上(屋根)から流し落とします。この時、ホースを潰してブシャー!!と梨汁のように強くやるのではなく、屋根の方からホースを潰さずにダラダラダラダラと流すとこびりついている砂などでボディを傷つけることが少なくなります。
あらかた流したら、梨汁プシャー!!!と強めにいくと良いですね~

で、ココからが今日の本題なのですが、車のボディも女性のお肌やハゲのおじさんの頭皮と一緒で泡で洗うことが大切なんですね~^^泡洗顔や泡で頭皮を洗いましょう!なんていうのと一緒です。

で、上手な泡のたて方ですが、よく聞くのがカーシャンプーをバケツに入れてホースから水を勢い良く円を書くように入れて泡立てる方法。
あちこちのサイトで紹介していますね~^^コレが一番確実でいいと思いますが、我が家の洗車は一味違います。

まず、暇人を2名。用意。
年齢は2歳~5歳ぐらいまでの暇な人が良いです。
100円で入手した泡だて器をもたせます。後は想像の通りです。ひたすら泡だて器で混ぜさせ車さんにくっつけてね~♪上手だね~♪とおだてれば完了。

カーシャンプーによっては成分が強いものもあるので、手荒れや誤飲は要注意です。また泡だて器で車にキズを付けられる危険もあります。はい。そして、ついでに水着なんか着せてワキッチョにはビニールプールも用意すると確実にお昼寝もしてくれるというシステムです。

お昼寝タイムになったらワックスや車内清掃などをすると良いです~^^

と・・・話がそれてしまいました。

そんなわけで、泡だて器が結構役に立つのですね。はじめにたてた泡も時間が立つと消えていってしまうのでシャカシャカ!とやれば泡がたちますから、オススメです。100円均一やスーパーの特価品で86円とかで売っているような超~安物を洗車用に1本あると良いです。

泡で洗車することによって水で流れ落ちなかった細かい砂などを泡でコーティングしてボディを傷つけることなく落としてくれますし、塗装を傷める心配も少なくなります。

ぜひぜひ。お試しください☆

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ