自動車税に還付金があるのを知っていますか?
4月の時点で自分の名義の車を持っていれば、
支払いの義務があります。
支払い用紙が送られてくるのは5月頃ですね。
漏れがないようにしっかりと支払いしておきましょう。
で、、

4月は車を所有していたけど、5月には手放した。ビジネスマン イラスト指差し
4月は普通自動車を乗っていたけど、5月から軽自動車に買い替えた・・・
なんてパターンありますね。

そうすると、1ヶ月しか乗らなかった車に数万円の税金を収めている
なんて持った得ない!!と思いませんか??

そんな時、自動車税を還付しましょう~^^

と、、言っても条件があるんですね。
自動車税が還付されるためには、「一時抹消」もしくは「永久抹消」
という登録をしないといけません。
これは陸運支局に車のナンバープレートを変換して
車を一時的に使用しませんよ。もしくは、車両を解体しますよ。
という登録の手続きなんですね。
ここまででわかると思うのですが、
素人が簡単に気軽にできる手続きではないんですね・・・
もし、自分で上記の一時・永久抹消登録をした場合ですが、
基本的に特別な手続きは必要なく、自動的に還付手続きがされます。

登録後、2~3ヶ月後に支払通知書が送られてくるので
そちらで手続きをすると良いです。
ただし、必要書類や申告が必要な場合もありますから、
抹消登録をした場合、税事務所に問い合わせしておくと良いですね。

 

自分で抹消登録や解体抹消しない場合。

まず、知っておいてもらいたいのですが、
基本的に一時抹消は車検日が近い場合(残り3ヶ月~1ヶ月)の時に
抹消登録する業者が多いです。
これはオークションの規定でも決まっていて、オークション開催月の
翌月末まで車検が残っていない場合は一時抹消登録しないといけない
規定があります。
解体の場合は車をタダ壊せばいいものでもなく、やはり永久抹消登録を
してからでないといけません。

ここでは買取業者に車を売った場合でお話していきます。

電卓車は買取後に必ず抹消登録するかどうかはわからないですね。

もし、車を引き取ってお店に置いておいたらすぐに次のオーナーさんが
見つかってその日のうちに売買契約が結ばれればそのまま車検をとって
次のオーナーさんの元に行くかもしれません。
そうなると一時抹消登録はしませんね。
逆に、買い取ったはいいけどいつまでも売れずにお店に
置きっぱなし・・・または、オークションに出品する・・・
という場合は、抹消登録をしますね。

帰ってくるか、来ないかわからない状態でほっておくのは気持ちいいものでは
ないですよね。
なので、買取業者さんによく説明をしてもらいましょう。

まだ中古車として利用価値がある車であれば基本的に
買取価格に還付金分を含んだ形で買い取りしてくれる業者さんが
多く見られます。
廃車の場合でも、還付金の手続きを代行してくれる場合もありますから
よく相談すると良いです。また廃車の場合でしたら自動車重量税も
還付されますからよくよく話を聞いてもらえるものはもらっておきましょう。
少し長くなってしまいましたが理解出来ましたか?
高価買取りのコツとまではいきませんが、
査定額にプラス還付金で、査定額UP気分になってしまいましょう☆

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ