車を買い取ったあとのかかる費用を書き出してみましょう。円マーク
車はまずお店に引き取られます。

業者によってここから異なりますが、
大抵の場合は社外品のナビ、カーオーディオ、ETCは
とって純正品に付け替えてしまいます。
この時の費用が2~3千円です。

その後、オークションに出すために洗車をします。
車の汚れ具合や大きさによっても異なりますが、
数千円で洗車を専門にやっている業者に依頼します。
高く売れそうな車は細かいところまで洗車してもらうので
高くなる場合もあります。
最後に、オークション会場に持ち込みます。
陸送業者を使った場合。
自走する場合は距離に対して請求がきます。
ナンバーなしの車や自走が不可能、距離が少ない車は
積載車で運ぶので料金が高くなります。

自走の場合で、横浜市内から野田のオークション会場までで1万円ちょっと。
積載車の場合で横浜市内から野田のオークション会場で1万8千円ぐらい。
富山から名古屋のオークション会場で積載車(7台つみ)3万ちょっと。
これが車にかかるお金です。
その他に、車検が近ければ抹消登録をしたりするのに
代書屋次第ですがだいたい3~4千円。

自社名義などに名義変更すると、5~6千円。

ってな感じでお金をかけて、手放した愛車はオークション出品されます。
あくまでも、業者に依頼した時のお金ですので
自分の会社でオーディオ機器を外したり、抹消登録などを
すれば別の話ですが・・・

あとは、お店の従業員の給料やお店の維持費などなど。。
オークションに出品するなら費用もかかりますし、
オークションに登録しておく月額もあります。
店舗を構えてある程度の従業員数で経営しているのなら
そうなってくると1台あたり、
最低でも15万ぐらいは儲けがほしいところですね。

まとめ

整備工場こんな感じで、いろんな人の手を使って愛車は新しいオーナー様に
出会うのですね~^^

そして、買取店はこれくらいの費用がかかることを考えながら
買取価格を提示してくるのですね~^^
ちょっとイメージわきましたか??

これを知ったから高価買取してもらえるのではないのですが、
なんとなく車のながれを理解しておくだけでも、
愛車を手放すときにスムーズにことが進むかもしれませんね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ