4躯の車ってどんな車を思い浮かべますか?
やっぱりクロカン系のランドクルーザーやサーフ、
エクストレイル、ジムニーなどでしょうね。

でも、ワゴンRやアルファード、セレナなどにも4躯あるんですね。

で、基本的に2躯より4躯のほうが高いですね。
なので、買取価格も2躯と4躯では4躯の方が高くなります。

なぜ、4躯の方が高いのかというと、
まずは元の価格ですね(新車価格)が2躯と4躯では
4躯の方が高いため。

新車の時点で高いのは部品をそれだけたくさん使うんですね~。
なので高くなるのです。

また、2躯に比べて4躯はオールマイティーな部分があります。
雪があまり降らないような東京や千葉で4躯に乗っていても
困らないですね。でもスキーやスノーボードに行くのにどうでしょう。

2躯では運転に技術がないと怖いですが、4躯ならある程度
運転に慣れているのであればスキー場にたどり着くことができますね。
海辺に行った時も砂にハマりにくかったりなど。
オールマイティーに誰でも乗ることができますね。

2躯だと上記のようにはいきませんね。
でも2躯は4躯より燃費がいいのですね~^^
4躯を活用しないようなライフスタイルなら2躯でも良いのです。

では、どちらがより多くの人が乗れるかというと
4躯なんですね。4躯に乗っていて困った人あまりいないと思います。
でも4躯でないと困る人っているんです。
例えば、雪深い新潟県。
ほとんどの方が8割から9割の方が4躯の車に乗っています。
冬は4躯でないと怖いですね。

つまり、4躯の方が売れる対象が増えるんです。
2躯なら雪深い新潟県は売れません。
でも4躯なら東京や千葉、新潟でも売れる対象が多いんですね。

そうすると、査定額も自動的にUPするんですね。

はい。まとめますと。
4躯の車が高いのは
・オールマイティーで売れる範囲が広いから
・新車価格が高いから(部品を多く使っているため)

ということですね~^^

車の雪を下ろす男性

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ